ジャージー牛ー♪

画像
画像
画像
画像



おは〜(/▽\*)

前線はソバにあるけど…

まだ梅雨じゃあ
無いんだね




本州の大部分は
梅雨まだだね〜


何れにしても
あと少しで梅雨入りなので

晴れ間は貴重です♪


んでっー今朝はジャージー牛のお話♪


ジャージー牛乳ですよ♪


濃厚だっ!!


ジャージー牛・ジャージー(Jersey)は、牛の品種の一種です。
乳牛として飼育されています。


乳牛としては、ホルスタインが有名ですが、ジャージーも世界中に広く分布しており
デンマーク、ニュージーランド等、バター等乳製品を多量に生産している国では最重要品種です。


この牛から取れる牛乳はジャージー乳( -にゅう)と称されています。

乳質は濃厚、乳脂率5%、無脂固形分率9%を超えており

乳は脂肪球が大きく、バターを作りやすい。

特徴として
ジャージー牛乳は、カロチンを豊富に含む為、黄色が濃い。

なお、乳量は少なく、年間約3500kg。
最高日量はあまり多くないが、持続性が高い特徴があります。



ジャージー牛は、イギリス領海峡諸島のジャージー島原産で、
在来のブルトンとノルマンとの交雑ですが、過去600年程にわたり純粋に保たれており、斉一性が高いことで知られています。


外見は…
毛色は淡褐色〜濃褐色までの単色、黒いボカシがあり、雄は濃い。
糊口を持ち、角があります

体格は小型で、

成雌の体高130cm
体重400kg程度。

雄は体高140cm、体重700kg

全体的に楔型の乳用型であり、
やせ型で前躯は軽い。
背中の線はややゆるく、体幅とくに骨盤の幅が狭い。

乳房の付着がよく、垂れ乳房は少なく、長さはあるが乳房幅がやや狭い。


なお、肉量は少なく、体脂肪も黄色みがかっており、食肉用ではない


日本は1877年にアメリカから牝3頭・牡2頭を輸入したのが最初です。


現在は、牛乳メーカーがジャージー牛をあまり使用しておらず
乳量が多いホルスタイン種に押されて漸減し、

2016年3月末現在の国内飼養頭数は12739頭となっています。

2016年現在の中心的な産地は、岡山県真庭市(蒜山高原など。

2016年3月末では
岡山県内で2393頭でジャージー種生産日本一となっています


ジャージー牛乳の特徴としては
ホルスタインより濃厚な牛乳が取れるため、高脂肪・高品質を特色とした製品が作れます

バター・チーズ・アイスクリーム・ヨーグルト等の
直販を行う小規模な牧場が存在しています







ジャージー牛乳ですよ♪


薄黄色ですよ


確かに、味は濃い♪


私は、よくアイスクリームを買ってきて食べます!


料理には使わないなぁ…

簡単には、手に入らないしね♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック